« 新春歌舞伎公演 | トップページ | 長い割り箸袋でトリケラトプス »

あれから16年

阪神大震災(当時は阪神・淡路大地震と呼んでいた)から16年たったんですね

当時祖父の弟夫婦が芦屋に住んでいたので、朝のニュースを見てすごく心配したのを覚えています。

あの当時は携帯やネットもあんまり普及しておらず、当たり前のように家電はつながらない
ニュースでは神戸の火災の映像や死亡が確認できた人の名前しか流さないしで、何処が避難所になっている等の情報も判らない
俺は関西に住んでいる友人に連絡を取ってみたり、TV局の友人に情報をもらったりしても結局ニュースの情報以上の事はわからない

二人の安否の確認が出来ず家族でやきもきしていたところ、結局親父が現地へ大叔父を探しに行った。
二人の無事を確認出来たので、俺は親父と入れ替わりで雨よけのブルーシートや水・食料・着替えや防寒着を渡すために現金だけもって現地へ行った

あの時は一番近くまでいけるのは西宮北口駅
梅田の駅はそうでもなかったけど西宮北口に近づくにつれ町並みの様子は変わり、まともな家が減っていき。西宮北口から芦屋まで延々と歩いた時は沿道には瓦礫ばかりっだった。

二人は近所の芦屋高校(だったかな)の体育館に非難していた
救助されてからラジオも無く、ニュースも見聞きしていない大叔母が俺に「せっかくこっちに来たんだから、神戸によって帰ったら良いよ、神戸は綺麗よ」って言った時はちょっと腰が抜けた

そんな大叔父も他界し、大叔母も車椅子の生活

16年もたったんだ、時の流れは速いな

幸い俺の身内は無事だったけど、多くの人が犠牲になったあの地震
いつか甥っ子や姪っ子に話してやろう

|

« 新春歌舞伎公演 | トップページ | 長い割り箸袋でトリケラトプス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180717/50610481

この記事へのトラックバック一覧です: あれから16年:

« 新春歌舞伎公演 | トップページ | 長い割り箸袋でトリケラトプス »