« 短い割り箸袋でハンプティダンプティ | トップページ | 筋肉痛 »

現展

東大理学部の公開講演会を聞きに行ったとき知り合ったピンホールカメラマンの佐藤さんから招待状を送っていただいたので国立新美術館に行ってきました
現展
現展のポスター

現展
国立新美術館の入り口

会場には多くの作家の絵画、造形、写真が展示されてました
事前連絡せずに行ったので会えると思わなかったのですが
ちょうど佐藤さんの写真をみたとき
作品名しか書いていないのと発色がよいので
「本当にピンホール写真なのかなぁ」とつぶやいたら
後ろから「それピンホール写真ですよ」との声が・・・
佐藤さんでした
あとでお茶でもしようと約束し、一通り展示品を見た後おじゃました控え室でコーヒーをいただきました
控え室にいたひとのなかに能や謡をしているという上品なおばあさんがいて
どうやらその人は同じく謡をしていた祖母の師匠と知り合いだったらしい
その後、会場を出た後美術館近くの青山霊園に家の墓があるので墓参り

その途中のグラウンドでなにやら鉄球を投げてる人達が
気になって聞いてみたら「ペタンク」なるゲームを
している人達でした。
写真はその鉄球とターゲット
ルールはカーリングのような感じだとか
現展
球の大きさは野球のボールよりちょと大きいくらい

墓参りをすませた後六本木ヒルズにいきロブションでパンを買って帰りました

|

« 短い割り箸袋でハンプティダンプティ | トップページ | 筋肉痛 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>まさみさま
本当に最近の人のつながり方が面白いです

投稿: しがり朗 | 2010/06/07 13:22

あの時のピンホールカメラマンさんですねcameraそして謡のおばあさん…どんどん繋がりが広がりますね。「ペタンク」は映画でしか見た事ないなぁ。

投稿: まさみさま | 2010/06/07 12:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180717/48552607

この記事へのトラックバック一覧です: 現展:

« 短い割り箸袋でハンプティダンプティ | トップページ | 筋肉痛 »