« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

中秋の名月

夕べは十五夜。
久々に良い月夜だったので、部屋の明かりを消して少しだけ月明かりを堪能しました。

明日は満月、また晴れると良いな。




仲秋と中秋は意味が違うらしい。
(仲秋)陰暦で、秋の三か月を孟、仲、季と分けその真中をいう。陰暦八月の異称。《季・秋》
(中秋)陰暦八月一五日の称。

国語大辞典(新装版)小学館 1988より

神を提訴って・・・

まぁ、アメリカらしいちゃぁらしいんだけど、
あまりにもねぇ、バカバカしいなぁと思って。

====================================
以下記事内容

神が地球上の多くの人々に死や破滅をもたらしているとして、米ネブラスカ州の州議員が神を地裁に提訴した。議員は神がこれらの行為を永久にやめるよう求めている。
 これに対し「God(神)」の署名がある反論書が法廷に届き、事務官はびっくり。「神は地上の法では裁けず、地裁に神に対する司法権はない」と述べられていた。
 州議員は、誰もが誰をも訴えることができると主張している。(AP
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_09/t2007092506.html

跳ねるカエル(改)

跳ねるカエル(改)

前出の跳ねるカエルを改良しました。

改良ポイントはこの写真では見難いけれど、後足の形を前足のように変えた事と、顔の形をよりらしく見えるようにしてみました。

箸置きとしても何とか使えますが、やっぱり跳ばして遊ぶのが一番だと思います。

跳ねるカエル

跳ねるカエル

P1080041

短い割り箸の袋で作る、カエルです。
いつもは箸置きになるように考えるのですが、今回はちょっと遊べるものを作ってみました。普通の折り紙で作る「ぴょんぴょんカエル」を参考にしました。

上の緑色のは顔をそれっぽくしてみたもの、下のが前足をカエルっぽくしてみたものなんですが、ちなみに下方は後ろ足は重ね折になっているので、ちょっと折りにくいかも・・・

どちらも結構跳ねますよ。

石井昭夫Live in サザン

22日(土曜日に)
王子のサザンカンフォートで石井明夫のLiveがありました。
今回も、たのしいLiveでした。

写真撮り損ねた(- -;

石井明夫: http://aiworks.net/index.html

ダースベ○ダー

ダースベ○ダー

割り箸袋で作るダースベ○ダー

前回のものより顔の形がすっきりしてよい感じではないかと思います。
これは短い割り箸袋で作ります。

ミクロの世界

わらった。
電子顕微鏡の写真らしいけど、なんだかなぁ

9月14日配信のニュース
トイレ細胞(洋式)、発見される!?

九月歌舞伎

九月歌舞伎

今月は、夜の部を見てきました。
演目は
玉三郎の阿古屋
団十郎・左團次の身替座禅
吉右衛門の二條城の清正
の三目

はじめてみたけど阿古屋って近年は玉三郎のほかはやっていないんだね。その前は歌右衛門だったらしいし、やっぱり芝居しながら琴、三味線、胡弓を演奏するのは難しいんだろうな。団四郎の左衛門だけ人形ぶりだったのは興味深かった。
身替座禅は笑った。奥方(左團次)がほんとに怖いのと、女のところから帰ってきた右京(団十郎)の酔いっぷりが面白かった。あの「まぁ、聞け」この台詞はなんか耳に残った。
二條城の清正は毒饅頭の話だと思っていたら、違う演目だったんだね。さすがに吉右衛門の芝居はさすがで、引き込まれたね。

隣の席のおばさんとちょっと仲良くなって、アイス最中を頂いてしまった。代わりに折り紙のウサギとニワトリを作ったら、とても喜んでくれた。

帰りにBar Lumpでちょっと飲んで、帰りました。

ダースベ○ダー試作

ダースベ○ダー試作

あくまでも試作です。
近所のレンタルビデオ屋の店長との話の中で、出てきたので作ってみました。
短い割り箸の袋で作ります。

タモリ折りの応用って感じかな。

墓参り

親父・お袋、弟家族と土曜日に森下の墓参りに行ってきた。
弟家族との待ち合わせまで時間があったので、近くの松尾芭蕉記念館で時間つぶし
そういえば、日本歴史占いで俺のタイプは松尾芭蕉だったな。
日本歴史占い(http://uranai.artisthouse.co.jp
携帯:(http://uranai.artisthouse.co.jp/i/

親父が昔住んでいた場所が人形町にあるので、帰りに寄ってみたら空き地になっていた。
子供の頃は、彼岸の時期の墓参り帰りに、隣にある親父の昔馴染みの家でそこのおばちゃんが作る大皿に山盛りのおはぎが楽しみだったんだけど、そのおばちゃんは今年の4月になくなっていた。ちょっと、寂しくなった。

この日は3歳になる甥っ子もいたので、なにか甘いものをと、
鯛焼きを目当てに近くの甘酒横丁の柳屋に行ったらすごい行列。
近くのほうじ茶専門店で「ほうじ茶ソフト」なんてものがあったので、ためしに食べたらこれもなかなか。

横丁入口辺りにある扇子屋京扇堂で9寸5分の渋扇を買ってしまった。

櫓の船

櫓の船

櫓の船を作ってみました。
長い割り箸袋で作ります。船本体の作りは前出の帆掛け船と同じです。

櫓の部分は細長く折って結んだだけです。こちらのほうが帆掛けより高さが低い分
箸置きとして、安定しています。

帆掛け船といえば、ちょっと船体の幅が狭いので広めのものを作ってみました。
広い分安定は良くなったんだけど、全体のバランスとしては狭いほうが良いような気がする。
P1080034_2

妹背山

妹背山

サザンの常連酔人赤魂さんが結婚を決めたと言うので、飲みに行ったら彼女と来ていた。折り鶴の話になって、妹背山(写真のような形の連鶴)を結婚祝いに作ることになり、早速折ってみました。

妹背山は一枚の正方形から切らずに作ます。

柄つきの袋で帆掛け舟

柄つきの袋で作ってみた

帆掛け舟が気に入ったので、柄の入っている箸袋で作ってみました。
やっぱり帆に柄が入るとより舟らしくなったような気がする。

扇風機などで後ろから風を送ると机の上を走ります。
これが結構面白い。

ワインテイスティング会

ワインテイスティング会

日曜日、第2回ワインテイスティング会がthe White Foxで行われました。
今回はすべてカルフォルニアのワイン、スパークリング1、白2、赤3の計6種類。

みんな飲兵衛なのでテイスティングとは思えないようなワインの量。
ラスト辺りになると、ほぼボトル一本くらい空けた勘定になるので、酔っ払いが続出(笑)

今回もシェフのトレバーが、それぞれのワインの味に合わせた料理を作ってくれました。
実はこれが楽しみなんだよね。

The White Fox
http://www.thewhitefox.jp/

止まり木の鳥

止まり木の鳥

長い割り箸袋で作ります。
上手く見えればよいのだけど・・・

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ